特徴について|専門の技術を用いた 防音対策を依頼しよう|うるさくない環境づくり

専門の技術を用いた 防音対策を依頼しよう|うるさくない環境づくり

特徴について

部屋

楽器を家で演奏する場合の対策

音楽を趣味・職業としている方は、自宅を防音工事する場合もあると思います。防音工事というと不動産業者さんが対応することも多いですが、楽器のことをあまり理解していない不動産業者が防音工事をすると目的と違ったものが出来る場合があります。楽器の音は大きく特徴があります。防音工事の仕方によっては、防音の効果は出ますが楽器を演奏している側は、室内の音がこもってしまったりしてどのような音になっているかが分からなくなる場合があります。今は楽器店などで、防音工事を請け負っているお店もありますので、活用するのもよいでしょう。一番メジャーな楽器はピアノではないでしょうか。ピアノの場合は倍音が関係しますので、音の響きが重要です。

手軽な防音設備について

もし、ピアノを演奏する方の防音室が高い遮音性能であれば、音の跳ね返りが大きいために室内が響きやすくなり演奏しずらくなります。反対に防音室の音を吸収しすぎると響きがなくなり、演奏がしにくい状況になる可能性があります。ピアノひとつをとっても、このような特徴がありますので楽器やスタイルによっては、防音のスタイルを変える必要があります。また、毎日楽器を練習する人としては、音楽大学を受験する人が切実だと思います。普通の部屋ではピアノの音を小さくするために、グラウンドピアノの上にカバーをかけて演奏するなどの、努力をされている方もいるようです。しかし、それは正しい演奏方法ではありませんので、自分自身に負担をかけてしまうこともあります。このように部屋によって、楽器練習の負担が変わってきますので正しい防音工事を行うようにしましょう。