音トラブルを防ぐ|専門の技術を用いた 防音対策を依頼しよう|うるさくない環境づくり

専門の技術を用いた 防音対策を依頼しよう|うるさくない環境づくり

音トラブルを防ぐ

防音材

ピアノを弾く場合などに必要です

現在の住宅事情からみても、お隣りまでの距離が近い家が多いのが現状です。そうすると、ピアノやそのほかの楽器を弾いたりすると、音が外にもれてしまうのです。また、ときにはこどもがたくさんいるなど、こどもの声が、近所迷惑になることもあります。そんなときは、防音工事をすることをおすすめします。木造住宅の防音工事の場合は、6帖で、200万円から250万円ほどでできます。マンションでも同じくらいかかりますまた、リハーサルスタジオの防音工事の場合は、8帖で350万円ほどになります。そして、レコーディング質の防音工事では、12帖で500万円くらいが目安となっているのです。これは、用途別の壁を使っていて、それぞれ素材も若干違うのです。

需要がのびてきているのです

これまでは、一戸建ての場合でも、広い家が多くピアノをひくために、防音工事をする家もすくなかったのです。でも、最近の住宅は、都市部にいけばいくほど狭くなり、また、近所付き合いも薄い傾向にあるので、お互いさまという意識も薄れているのです。だから、他人には迷惑をかけないようにと、一般家庭でも防音工事を取り入れる家庭が増えているのです。また最近では、防音室のショールームがあるお店もあります。よりおしゃれな空間の防音室を施工できるようにもなっています。以前は、防音室といっても、多少音がもれてしますものもありました。しかしいまでは、より性能がよくなって、完全防音の部屋もできるようになっているのです。特殊な工事をすることで、実現できるようになったのです。